アフターサービスが充実してるショップで婚約指輪を購入しよう

婦人

先々必要になること

婚約指輪は長くつけ続けるものだからこそ、サイズ直しが必要になります。沖縄で購入する際は無料のサイズ直しに応じてくれるブランドショップを使いましょう。また受けたいアフターサービスと言えばクリーニングが挙げられます。

結婚と指輪の関係

沖縄で婚約指輪と一緒に揃えておくといいのが、指輪のお手入れ用品です。それというのも、沖縄は高温多湿な気候の上、海に関わる機会が多く、ジュエリーにはこまめなお手入れが必要な環境だからです。基本的なケア用品としっかりした保管ケースをあらかじめ準備しておけば、大切な婚約指輪もいつも美しく保てます。

指輪の意味

指輪

気持ちや覚悟の証

結婚を申し込む時に渡すことが多い婚約指輪は、結婚を約束した証としての役割を果たしています。結婚指輪を左手の薬指にはめることはよく知られていますが、婚約指輪はどの指にはめれば良いのでしょうか。以前は結婚指輪と婚約指輪に区別がなかったので、どちらも左手の薬指にはめるようになりました。左手の薬指にはめるようになった訳は、古代ギリシャ時代にまで遡ります。古代ギリシャ時代では、薬指は心臓と直接繋がる血管を持つ神聖な指だとされていたため、誓いを立てる大事な指輪を薬指にはめるようになったと言われています。大切な婚約指輪ですが、近年では必要ないと感じているカップルも多く、婚約指輪の購入をやめて、その分これからの生活にお金をまわす、ということも多くなってきました。また、指輪ではなく、今欲しいと感じている品物を贈り合うというケースもあります。しかし、そうは言っても全く必要ではないという訳ではなく、相手の覚悟や信頼を見極める手段となる場合もあります。これから一緒に人生を歩んでいきたい、という気持ちは目に見えるものではありません。婚約指輪は、その気持ちを可視化したものでもあり、指輪をもらうことで、気持ちや覚悟を確かめられることにもなるのです。また、婚約指輪を着けることで、周囲に結婚を控えていることも知らせることができます。結婚が早いと言われている沖縄では、沖縄ならではのデザインの結婚指輪や婚約指輪があります。沖縄の伝統的なミンサー柄などを使用した指輪は、個性的でとても素敵なものです。人とは違う二人だけの指輪が欲しい場合は、沖縄で購入するのも一つの方法です。

指輪を購入する場所

婚約指輪は買う場所によって値段が違ってきます。沖縄ではショップごとに婚約指輪の値段が違うので、事前に調査して安く買えるショップを探しましょう。ただし、アフターサービスのないショップは避けた方が無難です。